1. HOME
  2. 広報誌
  3. 全腎協ニューズレター

ニューズレター

じんたん「Adobe Reader」説明
Adobe Readerロゴ

「全腎協ニューズレター」は全腎協(一般社団法人全国腎臓協議会)が発行している情報紙です。勉強になりますよ。
「内容」をクリックするとPDFファイルが開きます。

タイトル内容
2021年度第3号「新型コロナの影響により2020年度臓器提供件数大幅減」他
2021年度第2号「2022年度診療報酬改定に向けたスケジュールが明らかに」他
2021年度第1号「障害年金の初診日証明方法(第三者証明)について厚労省がパンフレット・チラシを作成」他
2020年度第9号「後期高齢者医療の窓口負担2割へ引き上げる法案国会に提出」他
2020年度第8号「緊急事態宣言を踏まえ障害年金一時差し止め要件が緩和」他
2020年度第7号「2019年末透析患者総数は34万4,640人」他
2020年度第6号「自立支援医療 (更生医療 「重度かつ継続(一定所得以上)」の 特例 措置延長へ~障害者部会で了承~」他
2020年度第5号「閉塞性動脈硬化症の治験募集中血管再生治療へ期待」他
2020年度4号「新型コロナに備えインフルエンザワクチン早期接種よびかけへ高齢者、腎不全患者など優先接種に」
2020年度第3号「「レジ袋」有料化に関する記事part2」
2020年度第2号「保険薬局の「レジ袋」は有料化の対象にならない」他
2020年度第1号「 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ障害年金診断書提出期限延長へ~透析再導入の時は要注意~」他
2019年度8号「 2020 年度診療報酬改定 - ダイアライザー価格などが明らかに」他
2019年度第7号「臓器提供体制強化にむけた動き」他
2018年度第6号「障害年金受給者等の「所得状況届」は来年から原則提出不要に」
2018年度第5号「北海道胆振(いぶり)東部地震 透析にも影響」
2018年度第4号高齢者医療の高額療養費制度第二段目の見直しがはじまる」
2018年度第3号「7月豪雨をうけて」
2018年度第2号「介護保険利用負担」など
2018年度第1号「入院時負担額と年金額」
2017年度第6号「2018年度診療報酬改定―人工腎臓の施設基準などが公表―」
2017年度第5号「2018年度診療報酬改定の内容が明らかに―「人工腎臓」透析クリニックの規模により点数が異なることに―」
2017年度第4号「透析医療にかかわる診療報酬改定内容が具体化―中医協総会で透析医療の適正化が議論―」
2017年度第3号「透析に関わる診療報酬の「引き下げ」濃厚か― 政府(経済財政諮問会議)が透析医療に言及 ―」
2017年度第2号「高齢者の高額療養費の見直しが自治体の障害者医療費助成へ影響~一部自己負担が2000円増に(青森県)~」
2017年度第1号「2016年末の透析患者数が33万人(速報値)に迫る。」その他
2016年度第5号「2017年度の年金支給額が0.1%引き下げへ。」その他
2016年度第4号「高齢者の医療費負担増が決定。」その他
2016年度第3号「個室の外来透析に差額部屋代など導入へ。」その他
2016年度第2号「全腎協の請願が3年連続して衆参両院採択。」その他
2016年度第1号「入院時食事代が1食260円から360円へ。」その他
2015年度第12号「透析患者の障害年金の等級認定に誤り。」その他