1. HOME
  2. 新型コロナウイルス情報ページ

新型コロナウイルス情報ページ

新型コロナウイルス情報リスト

じんたん「Adobe Reader」説明
Adobe Readerロゴ

病床・療養計画見直し要請(新型コロナ)~「第6波」に備え(厚労省)~(9月15日(水)読売新聞)

~「第6波」に備え(厚労省)~

新型コロナウイルス感染の第5波で、全国の病院や宿泊施設、自宅での療養者数(入院者含む)が、都道府県の想定(約14万人)を大きく上回り、約21万人に上がったことから、厚生労働省は14日、今後の「第6波」に備えた病床・療養計画の見直しを都道府県に要請した。空いている建物などを活用した「臨床医療施設」の開設や,酸素投与などができる「入院待機施設」の整備を求めた。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

😷第5波で想定していた療養者数と、実際の療養者数

※緊急事態宣言中の19都道府県。色は実際の数が想定を上回ったところ。厚生労働省の資料に基づく
想定療養者数 実際の療養者数
(9月1日時点)
北海道8,5084,570
茨城1,3322,148
栃木2,0001,671
群馬1,1482,129
埼玉7,26214,298
千葉7,00013,930
東京23,40633,061
神奈川8,61917,233
岐阜1,4282,783
静岡1,5005,151
愛知6,67519,151
三重7804,282
滋賀3,3501,913
京都1,9368,055
大阪22,00026,753
兵庫5,2007,466
広島4,3033,030
福岡6,20010,619
沖縄2,8456,294


基本的対処方針に基づく催物の開催制限、 施設の使用制限等に係る留意事項等について(通知)

(9月15日(水)愛知県)

愛知県福祉局福祉部障害福祉課より愛腎協に下記の通知がきました。

3障福第116565号
令和3年9月15日

関係団体 代表者様

愛知県福祉局長

基本的対処方針に基づく催物の開催制限、
施設の使用制限等に係る留意事項等について(通知)

このことについて、2021年9月10日付け3防危第478-2号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から 別添 のとおり通知がありました。

関係団体の皆様におかれましては、全国的な移動を伴うイベント又は参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合、事前相談に係るチェックリストの様式 (別添2)を使用していただきますようお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920





↑上のボタンをクリックすると 「別紙3:イベント開催の事前相談に係る手続等の変更について(通知)」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「別紙2:感染防止策チェックリスト」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「【別添1】内閣官房事務連絡」が開きます。





コロナ飲み薬開発大詰め(軽症者自宅で)(9月14日(火)読売新聞)

~早期に回復 米、年内にも実用化~

新型コロナウイルス対策の局面を変える「ゲームチェンジャー」として期待されているのが、軽症者が自宅で使える経口薬(飲み薬)だ。発症初期に薬を飲むことで早期に回復できれば、新型コロナがインフルエンザのような一般的な感染症になる可能性もある。世界的に激しい開発競争が続く中、国内でも動きが活発化している。(読売新聞記事一部抜粋)


◆現在、国内で使える治療薬

現在、国内で使える治療薬

◆開発が進む経口薬

製薬会社候補薬状況
メルクモヌルピラビル最終段階の治験を評価中。早ければ9月中にもデータを公表
ロシュAT-527最終段階の治験を実施中。今秋にデータを公表する予定。2022年の実用化を目指す
ファイザーPF-07321332最終段階の治験を実施中。年内にもデータを公表する予定
塩野義製薬S-2176227月に安全性を確かめる治験を開始
富士フイルム富山化学アビガン昨年から治験を実施

  1. 💊モルヌピラビル
    モルヌピラビル(英: Molnupiravir、開発コード:MK-4482、EIDD-2801)は、インフルエンザ治療のために開発された経口活性がある実験的な抗ウイルス薬である。合成ヌクレオシド誘導体N4-ヒドロキシシチジンのプロドラッグであり,ウイルスのRNA複製時に複製エラーを生じさせることで抗ウイルス作用を発揮する。(『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
     
  2. 💊AT-527
    AT-527 は、RNA ウイルスの複製に必要なウイルス RNA ポリメラーゼの阻害作用を有する直接作用型抗ウイルス剤であり、米国・アテア社により創製されました。同剤は、COVID-19 に対する経口治療薬としての可能性が検討されています。(「中外製薬、ロシュ社より COVID-19 に対する経口新薬候補品導入」より)
     
  3. 💊PF-07321332
    PF-07321332は「プロテアーゼ阻害薬」と呼ばれる種類の薬です。新型コロナウイルスは感染者の体内で増えていくために、必要なタンパク質を感染した細胞に作らせます。そして、細胞に作らせたタンパク質を適切に切断して完成させる酵素がプロテアーゼです。PF-07321332はこのプロテアーゼの働きを阻害することで、新型コロナウイルスの増殖を防ぐ働きをします。(livedoorニュースより)
     
  4. 💊S-217622
    S-217622は、当社が創製した3CLプロテアーゼ阻害薬です。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は3CLプロテアーゼというウイルスの増殖に必須の酵素を有しています。S-217622は、3CLプロテアーゼを選択的に阻害することで、SARS-CoV-2の増殖を抑制します。(塩野義製薬株ホームページより)
     
  5. 💊アビガン
    「アビガン®」は、新規作用機序をもつ抗インフルエンザウイルス薬のひとつで、2014年3月に条件付きの製造販売承認が行われました。胎児に対する催奇形性の可能性が指摘されていたため、通常のインフルエンザに用いられることはありませんが、近年では新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を防ぐ薬剤のひとつとして期待され、大きな話題を呼んでいます。(「ファルマスタッフ」ホームページより)

~治験迅速化へ案内窓口(コールセンター9か所)~

開発中の治療薬を早く医療現場で使えるようにするには、治験を迅速に進める必要がある。(読売新聞記事一部抜粋)

■コールセンターが設置されている9大学病院 
北海道大、東北大、慶応大、順天堂大、千葉大、名古屋大、大阪大、岡山大、九州大




↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


コロナ下の避難所 注意点は(教えてヨミドック)~まめに掃除 上履き使用~(9月12日(日)読売新聞)

~まめに掃除 上履き使用~


Q
台風や豪雨などで、毎年のように被害がでる。コロナ下だから、避難生活は大変そうだ。

ヨミドック
避難所は密にならによう工夫されています。避難者が一定の距離を保てるように個人スペースを離したり、人数を制限したり、個人スペースを仕切るパーティションの高さは90センチ程度とされていましたが、最近は飛沫感染を避けるために1メートル40~1メートル50が推奨されています。発熱した人を隔離できる場所も必要です。(読売新聞記事一部抜粋)

◆避難所で気を付けたいこと

◎感染症対策(飛沫、細菌、ウイルスを避ける
  • 土足で入らない。
  • スポーツシューズなどの履きやすい上靴を用意(スリッパは床の温度が伝わりやすく脱げやすい)。
  • 扇風機の風には直接あたらない。

◎熱中症対策
  • 体を冷やす。ぬれタオルを首に巻く。

◎できれば
  • 高齢者のいる世帯はトイレに行きやすい入り口近く。
  • 乳幼児のいる世帯は奥。助け合いや共感を生みやすい効果もある。



↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


体調変化に要注意(9月12日(日)読売新聞)

~禁煙、高血圧...必ず伝える~

今年2月14日の本欄で、東京医科大病院(東京都新宿区)の阿部信二・呼吸器内科診療科長に自宅療養の際の注意を語ってもらった。その後変異株の出現で状況が変わってきた。改めて、単身者が注意すべきポイントを聞いた。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


ひとりコロナにかかる(9月12日(日)読売新聞)

~保存食品が重宝*差し入れに感謝*症状メモ~

「単身者が新型コロナウイルスに感染したら、どんなことが困るのか、このページで取り上げたいですね」と編集長と話していたら、自分が感染していまった。「中等症Ⅱ」で2週間あまり入院した。57歳独身独居。実際何が起きたかご紹介したい。東京の医療機関が今ほど逼迫する前のことではあるが、何かの参考になれば幸いだ。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

😷 ひとりで新型コロナに備えるポイント

日ごろから自宅療養となったら
  • 十分な換気やマスク、手洗いで予防を心がける
  • 体調の変換に敏感になる(普段の呼吸の状態を把握し、息苦しい際に気づけるように)
  • 体重や体格指数(BMI)、健康診断の結果を把握する
  • 発熱時に受診できる近所の医療機関を探す(PCR検査が受けられるかどうかも確認)。徒歩か自家用車で行けるところがよい
  • 重症化しやすいリスク要因(既往症、肥満、喫煙、高血圧、高血糖、高脂質など)があれば保健所に伝える
  • 熱が上がる、息切れなど、体の変化に敏感になる
  • 食事と睡眠をしっかりとる(無症状なら特に)
  • 外出はしない。出前は「置き配」で頼む
※阿部医師らへの取材を基に作成

😷 筆者が、しておいたらよいと思った点

  • 2週間分くらいの保存食を常備する
  • 買い物などを頼める相手を探しておく
  • 入院やホテル療養をする際に必要な日用品を用意しておく
  • スマートフォンやタブレットに好きな音楽などを入れておく
  • 体温や体調、保健所や医師の説明・指示はメモする


BMIとは  
BMIとは「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略で、体重と身長を基に算出した「肥満度」を表すための指標です。WHO(世界保健機構)では、BMIが30以上の人を肥満(英語でObese)と定めています。

BMI計算方法  
体重(kg)÷身長(m)の2乗
例1)身長150cm、体重50kgの人の場合 50kg÷1.5mの2乗=22.2
例2)身長150cm、体重80kgの人の場合 100kg÷1.5mの2乗=35.6

BMI基準値  
BMIによる肥満度の判定基準は、日本肥満学会がその基準を定めています。
◆日本肥満学会の基準

BMI基準
18.50未満 痩せ
18.50以上~25.00未満 普通体重
25.00以上~30.00未満 肥満(1度)
30.00以上~35.00未満 肥満(2度)
35.00以上~40.00未満 肥満(3度)
40.00以上 肥満(4度)


ワクチン2回接種5割(9月10日(金)読売新聞)

~64歳以下は地域差~

新型コロナウイルスワクチンの2回目の接種を受けた人の割合が全国民の5割になった。64歳以下の接種率は自治体によってばらつきがあり、11月までに希望者全員にワクチン接種を終えるという政府目標を達成するには、遅れている地域で接種の加速化が求められる。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

64歳以下の2回目ワクチン接種率

(単位は%、9日時点)※読売新聞集計。住民基本台帳の0~64歳人口で計算
no都道府県接種率no都道府県接種率
1北海道19.925滋賀26.7
2青森24.326京都21.9
3岩手18.127大阪24.2
4宮城23.028兵庫25.9
5秋田25.529奈良26.0
6山形29.930和歌山34.4
7福島25.331鳥取28.5
8茨城25.232島根25.3
9栃木18.533岡山27.3
10群馬32.834広島26.6
11埼玉21.135山口36.1
12千葉24.036徳島27.9
13東京32.637香川22.7
14神奈川25.238愛媛24.7
15新潟26.339高知30.5
16富山22.140福岡28.0
17石川29.141佐賀28.8
18福井31.842長崎32.0
19山梨21.143熊本33.6
20長野21.944大分24.5
21岐阜27.445宮崎22.0
22静岡21.646鹿児島23.1
23愛知23.847沖縄24.6
24三重24.0


「愛知県緊急事態措置」の期間延長について(通知)

(9月10日(金)愛知県)

愛知県福祉局福祉部障害福祉課より愛腎協に下記の通知がきました。

3障福第1157号
令和3年9月10日

関係団体 代表者様

愛知県福祉局長

「愛知県緊急事態措置」の期間延長について(通知)

このことについて、令和3年9月10日付け3防危第479号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から 別紙1 のとおり通知がありました。

関係団体の皆様におかれましては、令和3年9月30日まで期間が延長されました「愛知県緊急事態措置」の実施に、引き続き御協力をいただきますようお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920




↑上のボタンをクリックすると 別添1:「愛知県緊急事態措置」の期間延長について(通知)が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「別紙1:愛知県緊急事態措置の概要」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「別紙2:愛知県緊急事態措置」が開きます。





新型コロナ 夏休み延長や休校15%(9月8日(水)読売新聞)

~教委調査 短縮授業など26%~

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公立学校を所管する教育委員会の15.4%が小中高校などの新学期にあたって夏休みの延長や臨時休校を実施していたことが7日、文部科学省の全国調査でわかった。教職員対象のワクチンの優先接種では、8割超の自治体で実施、または実施予定であることも明らかになった。(読売新聞記事一部抜粋)

◆保護者へ休校助成再開~厚労省、個人の直接申請も~

厚生労働省は7日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校などで仕事を休まざるを得ない保護者を支援するため、今年3月末で打ち切りになった「小学校休業等対応助成金・支援金」を再開すると発表した。感染力の強い変異ウイルス「デルタ株」の影響で、新学期を迎えた子供への感染が急増している状況を踏まえた。(読売新聞記事一部抜粋)

新型コロナウイルスへの新学期の対応状況(公立校)

※9月1日現在。数字は実施する教育委員会の割合(予定含む)
※全体には特別支援学校、義務教育学校を含む
幼稚園 小学校 中学校 高校 全体
夏休み延長や臨時休校を実施 11.5% 12.4% 12.8% 19.2% 15.4%
短縮授業や分散登校を実施 11.9% 23.0% 22.9% 34.2% 26.0%
いずれかを実施 19.0% 27.7% 27.6% 47.3% 32.0%

◆都内感染1629人

国内の新型コロナウイルス感染者は7日、全都道府県と空港検疫で新たに1万605人確認された。重症者は前日から11人増の2209人で、死者は62人だった。東京都の新規感染者は1629人。(読売新聞記事一部抜粋)

◆愛知野外フェス会場の14人感染(クラスター認定)

愛知県常滑市の県施設で8月下旬、新型コロナウイルスの感染対策が不十分なまま野外音楽祭が開かれた問題で、県は7日、会場にいた14人に感染がわかり、クラスター(感染集団)と認定したと明らかにした。。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


コロナ行動制限秋に緩和(9月7日(火)読売新聞)

~緊急事態下でも 接種済み条件~

政府は、新型コロナウィルスワクチン接種の進展に合わせ、10月以降、段階的に行動制限を緩和する方針を固めた。感染拡大地域でもワクチンを接種済みであれば、県をまたぐ移動を原則として認め、イベントの収容人数の上限を引き上げる。飲食店での酒の提供でも制限を緩め、日常生活を取り戻す組を進める。こうした内容を盛り込んだ基本方針をあすにも決定する見通しだ。(読売新聞記事一部抜粋)

◆感染指標見直し

政府は感染状況を評価する指標の見直しも決める。新規感染者数など5項目に加え、自宅療養者数や中等症の患者数なども参考指標として加える方向で検討している。医療体制をより重視し、緊急事態宣言の発令や解除する方針た。(読売新聞記事一部抜粋)

◆基本方針の主なポイント
▶10~11月をメドに行動制限を見直し
▶緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の地域でもワクチン接種や陰性証明を条件にイベントの人数制限の緩和検討
▶感染対策を講じた飲食店では、宣言や重点措置下でも酒の提供は認める
▶ワクチン接種者は宣言や重点措置下でも県境を越える移動を原則容認
▶イベントや飲食店では事前に実証実験を行い、感染への影響を確認

◆接種会場間の融通可能に~モデルナ製 余剰ワクチン活用へ~

河野行政・規制緩和相は7日の記者会見で、自治体が設置した大規模接種会場で使用する新型コロナウィルの米モデルナ製ワクチンについて、会場間での融通を認めると発表した。移送は1回のみで、同じ都道府県の自治体設置の会場に限る。接種の進み具合は会場ごとにばらつきがあるため、自治体から、近隣の別会場に余剰ワクチンを移送して有効活用したいと政府に要望が寄せられていた。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


名古屋に待機ステーション(愛知県武道館)(9月6日(月)読売新聞)

~自宅療養者を一時収容~

愛知県は6日、入院先が見つからない自宅療養中の新型コロナウイルス患者を一時的に受け入れる「入院待機ステーション」を県内で初めて、県武道館(名古屋市港区)に開設した。病床数は20床で1泊程度、患者を受け入れる想定をしている。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


アストラ製接種予約を受け付け(9月3日(木)読売新聞)

県は、英アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチン接種について予約を受け付けている。原則40歳以上が対象だが、米ファイザー製、米モデルナ製のワクチンでアレルギー反応が懸念されるなどの18歳以上も受けられる。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


エコノミー症候群注意(9月2日(木)読売新聞)

~新型コロナ自宅療養で寝たまま~

新型コロナウイルスに感染した患者は、命にかかわる肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)になりやすいことから、日本静脈学会は、自宅やホテルで療養中の患者向け注意点をまとめた。3日にも学会のウェブサイトで公表する。予防のポイントは、簡単な足の運動とこまめな水分補給だ。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


コロナ回復者の多くが腎臓にダメージ、症状なくても-米大規模調査(Bloomberg 2021_9_21 10:23配信)

(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染症(COVID19)から回復した人の多くが、痛みや症状はなくても腎臓にダメージを受けていることが大規模調査で分かった。

米腎臓学会誌に1日掲載された調査結果によると、腎臓のダメージはCOVID19の重症度に応じて大きくなり、腎臓の基礎疾患がなく入院せずにコロナから回復した人でも末期腎臓病に至るリスクはコロナ未感染者の約2倍だという。

同調査のデータは軽・中等症のコロナ患者1万人当たり7.8人が透析ないし移植が必要になることを示している。

米ミズーリ州の退役軍人セントルイス医療制度の臨床疫学センター所長で、同調査を主導したジヤド・アルアリ氏は「母数となる世界や米国の感染者が極めて多いことから、少なくない数の人が末期腎臓病に至る可能性がある」と指摘した。( Bloomberg 記事より一部抜粋)

※Bloomberg
ブルームバーグ(Bloomberg L.P.)は、経済、金融情報の配信、通信社、放送事業を手がけるアメリカ合衆国の大手総合情報サービス会社。

↑上の画像をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。


催物の開催制限に係る留意事項について(通知)

(9月3日(金)愛知県)

愛知県福祉局福祉部障害福祉課より愛腎協に下記の通知がきました。

3防危第1113号
令和3年9月3日

関係団体 代表者様

愛知県福祉局長

催物の開催制限に係る留意事項について(通知)

このことについて、2021年9月2日付け3防危第453号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から別添のとおり通知がありました。

関係団体の皆様におかれましては、別添通知について御承知おきいただくとともに、全国的な移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベントの開催を予定する場合には、イベント開催の2週間前までに事前相談していただきますようお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920




↑上のボタンをクリックすると 「催物の開催制限に係る留意事項について(通知)(各愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部員 宛)」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「催物の開催制限に係る留意事項について(通知)(各市町村長宛)」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「催物の開催制限に係る留意事項について(補足)」が開きます。



月曜日最多1509人感染(8月31日(火)読売新聞)

~2死亡 クラスター3件認定~

県内では30日、新たに1509人の新型コロナウイルス感染と2人の死亡が確された。感染者数は月曜日としては過去最多。県はこの週末で、新たにみよし市の職場、稲沢市の医療機関と瀬戸市の大学の運動部をクラスター(感染集団)に認定した都発表した。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


「愛知県緊急事態措置」の実施について(通知)

(8月27日(金)愛知県)

このことについて、令和3年8月26日付け3防危第431号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から 下記 のとおり通知がありました。

関係団体の皆様におかれましては、緊急事態措置の実施にご協力いただくようお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920



各愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部本部員殿

3防危第431号
令和3年8月26日

「愛知県緊急事態措置」の実施について(通知)


昨日、国において、新型インフルエンザ等対策特別措置法第32条第3項に基づき、愛知県始め8道県が、「緊急事態措置区域」に追加されたことを受け、国の基本的対処方針に基づき、本県として講じる対策として「愛知県緊急事態措置」の実施を決定しました。

ついては、貴所属職員に周知徹底を図り、緊急事態措置を推進するとともに、住民、 事業者、関係諸団体等に周知し、一層強く協力を呼び掛けるなど、引き続き、感染拡大の防止に全力をあげるようお願いします。

<添付文書>
 別紙1 愛知県緊急事態措置の概要
 別紙2 愛知県緊急事態措置本文
<県WEBページ掲載箇所>
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/covid19-aichi.html

(連絡問合せ先)
愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部
特措法対策チーム
防災安全局防災部防災危機管理課
政策・企画グループ
内線 2508・2509
ダイヤルイン 052-954-6191
FAX 052-954-6911
E-mail bosai@pref.aichi.lg.jp




↑上のボタンをクリックすると 「別紙1 愛知県緊急事態措置の概要」が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「別紙2 愛知県緊急事態措置本文」が開きます。




若年層の感染防止急務(8月28日(土)読売新聞)

~県など対策 第5波の68%30代以下~

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県に対して4回目となる国の緊急事態宣言が27日、発令された。7月21日以降の「第5波」では、若年層への感染拡大が進むと同時に、新規感染者数も過去最多を更新し続けており、県などは若年層への感染防止が課題だとして、対策を急ピッチで進めている。(読売新聞記事一部抜粋)

~最新更新 感染2347人~

県によると、第5波では、感染者数の68.6%を30歳代以下が占め、「第4波」(3月31日~7月20日)の53.5%から約15ポイント上昇。県内の保育園でも園児らの感染で休園が相次いでいる。一方、第4波で11.3%だった70歳以上の高齢者の割合は、第5波では、2.6%となり、県の担当者は「ワクチンの効果が出ていると感じる」と話す。 (読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


基礎からわかるコロナワクチンの役割(8月26日(木)読売新聞)

新型コロナウイルスワクチンの2回接種率は、国内で総人口の4割を超えた。流行の収束に期待がかかるが、感染力の強いインド由来の変異ウイルス「デルタ株」が国内で拡大し、感染者の増加に歯止めがかかっていない。ワクチンで変異ウイルスを抑え込めるか、ワクチン以外にどんな対策があるのか。最新情報をまとめた。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


全域対象 自粛17日間(8月26日(木)読売新聞)

~時短や移動抑制 強く要請~

~緊急事態追加~

新型コロナウイルスの感染が急拡大する県内は、27日から9月12日までの17日間、国の緊急事態宣言の対象地域に追加されることが決まった 。県は、県内全域を対象に、飲食店の午後8時までの営業時間の短縮や酒類提供の停止、県境をまたぐ移動の自粛などをこれまで以上に強く要請うることで、感染の拡大を何とか食い止めたい考えだ(読売新聞記事一部抜粋)

~感染1815人 最多続く~

「全く想定を超える状況だ。衝撃的な数字だ」(読売新聞記事一部抜粋)

~手術・入院の延期通知~

新型コロナの新規感染者の急増を受け、県は25日、県内の感染者を受け入れている78の医療機関に対し、医師の判断で入院や手術の延期が可能と判断できる患者について、入院などを一時延期するよう通知したと発表した。救急対応やがんなどの急を要する治療、手術は対象外となる。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


抗体カクテル通院でも(8月25日(水)読売新聞)

~厚労省方針~

厚生労働省が新型コロナウイルス感染症の軽症・中等症患者向けの新たな治療法「抗体カクテル療法」について、現在は入院患者らに限定しているルールを変更し、自宅療養者らが通院で投与を受けられるようにする方針を決めたことが24日、分かった。感染拡大による病床逼迫で自宅療養者が急増する中、重症化や死亡を防ぐ狙いがある。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


緊急事態8県道追加(政府方針)(8月25日(水)読売新聞)

~まん延防止4県も~

政府は24日、新型コロナウイルス対策として東京など13都道府県に発令中の緊急事態宣言について、北海道、宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島の8道県を追加する方針を固めた。「まん延防止等重点措置」は高知、佐賀、長島、宮崎の4県を追加する。期間はいずれも27日から9月12日までとする。(読売新聞記事一部抜粋)

政府が想定する緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の対象地域
緊急事態宣言 まん延防止等重点措置
継続 追加 継続 追加
茨城北海道福島高知
栃木宮城富山佐賀
群馬岐阜石川長崎
埼玉愛知山梨宮崎
千葉三重香川
東京滋賀愛媛
神奈川岡山熊本
静岡広島鹿児島
京都
大阪
兵庫
福岡
沖縄
↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


新型コロナウイルス 酸素測定器 県が増強(8月24日(火)読売新聞)

~自宅療養者対応 往診や看護24時間~

新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、感染者数の最多更新が続く県内でも、自宅での療養者数が急増している。首都圏などでは、軽症の患者が自宅療養中に急変して死亡するケースが相次ぐなど、自宅療養に対する不安が高まる中、県は、血中の酸素濃度を測る「パルスオキシメーター」を大量に追加導入するなどして、対応強化を急いでいる。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


新型コロナウイルス感染1347人緊急事態要請(愛知県)(8月21日(土)読売新聞)

1000人超3日連続 若年層の拡大深刻

県内では20日、過去最多を更新する1347人の新型コロナウイルス感染と6人の死亡が確認された。1日当たりの感染者が1000人を超えるのは3日連続。大村秀章知事は同日の記者会見で「3日連続で1000人を超えた大変厳しい状況を踏まえ、緊急事態宣言の発令を要請する」と述べ、同日付で国に発令を正式に要請した。(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


感染子どもも拡大、20歳未満「第4波」の4倍(8月20日(金)読売新聞)

デルタ株影響重症例、 学校休み明け警戒

新型コロナウイルス感染後の「第5波」で、罹患しにくいとされていた子どもにも感染が広がっている。変異ウイルス「デルタ株」の影響とみられ、8月中旬の感染者は今春の第4波の4倍超に達した。夏休みあけの学校で流行が起きれば、親の世代や高齢者の感染拡大を招く懸念もあり、対策が急がれる(読売新聞記事一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


コロナ後遺症シリーズ①~⑥「医療ルネッサンス」(読売新聞)

医療ルネサンス⑥ 症状多様 生活の質低下も~コロナ後遺症~

Q&A

新型コロナウイルス感染後に起こる様々な不調「コロナ後遺症」について、総合診療医で岡山大学教授の大塚文男さんに聞いた。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

医療ルネサンス⑤ 「集中治療後症候群」重く~コロナ後遺症~

愛知県の女性Eさん(65)は昨年9月、新型コロナウイルス感染症で、藤田医科大学病院(愛知県豊明市)に入院した。その5日後、急に息ができなくなり、集中治療室(ICU)で人口呼吸器を着けられた。

意識が戻ったのは2週間後、口に入っていた呼吸器の管を抜く時だ。点滴や導尿の管につながれ、おもつを着けた状態。頭がくらくらして体を起こせなかった。「もう家に帰れないのではないか」と不安になった。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

医療ルネサンス④ 頭痛や倦怠感 免疫異常か~コロナ後遺症~

頭痛、耳鳴りがする。体が重くて起き上がれない。頭が回らず会話もままならないー。東京都内の会社員男性Dさん(23)は新型コロナウイルスに感染した後、さまざまな不調に襲われた。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

医療ルネサンス③ 軽症者でも不調続く~コロナ後遺症~

「検査で陽性といわれた時は『仕事を休みてラッキー』ぐらいに思ってました。

神奈川県の男性Cさん(25)は昨年12月、新型コロナウイルスに感染し、37~38度の熱が出たが1週間で治まり、軽症ですんだ。

ところが、その後半年間、動悸や倦怠感などの不調が続いたという。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

医療ルネサンス② 「香りも味もしない」~コロナ後遺症~

カレーの香りも味もしないー。2月、埼玉県の自営業の男性Bさん(50)が最初に感じた異常だった。

発熱やせきはない。鼻づまりもない。臭覚と味覚だけがおかしかった。この状態が数日続き、病院でPCR検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。高熱でうなされる病気だと思っていたが、「こんなに軽いの?」と少子抜けした。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

医療ルネサンス① 1年以上 肺活量低下~コロナ後遺症~

昨年4月、新型コロナウイルスに感染し、重い肺炎に陥った東京都新宿区のバー店長の男性Aさん(41)は、1年以上経過した今も、肺活量が同世代男性の6割程度に低下したまま。「一生つきあっていくのかな」とつぶやく。(読売新聞 医療ルネサンスより一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。


新型コロナウイルス感染症について(全腎協)

一般社団法人全国腎臓病協議会(全腎協)から下記の連絡が入りました。

日本透析医会、日本透析医学会、日本腎臓学会新型コロナウイルス 感染対策合同委員会」では、毎、月透析患者における累積の感染者の 登録数をホームページ上に掲載しています。 7月30日付の情報では、北海道の感染者数に対する死亡者数の割合が 高い数字となっています。

このことについて、7月16日(月)にNHKでも下記の通り報道されました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210816/k10013204791000.html

「ワクチンの接種が進んでいない40代、50代では、全国どこでも起きるおそれがある」と強い懸念が示されています。
北海道新聞にも記事が掲載されています。(添付)

各都道府県におかれましても、同様の状況が発生していないか、ワクチンの 接種状況はどうなっているかなど、情報収集に努め、会員等への情報発信、 注意喚起をお願いいたします。

緊急事態宣言対象県の追加、期間の延長も決定しており、まだまだ 厳しい状況が続きます。 全腎協でも引き続き情報収集にに努めてまいりますが、上記何卒ご協力くださいますよう お願い申し上げます。

全腎協・事務局




↑上のボタンをクリックすると 「透析患者における累積の新型コロナウイルス感染者の登録数 」のPDFファイル が開きます。


コロナ感染 道内透析患者死亡率46%~専門学会集計 早期接種望む声~

新型コロナウイルスに感染した道内の透析患者の46%が命をおとしている実態が2日、専門学会などの集計で分かった。道内のコロナ感染者全体の死亡率3.4%に比べて極めて高い。透析患者たちは一刻も早いワクチンの接種を求めている(北海道新聞:7月3日(土)より一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

透析患者感染おびえ~優先的にワクチン接種を~

新型コロナウイルスに感染の第4波が道内を襲った5~6月、人工透析を受けている腎臓病患者が院内感染などで100人以上罹患し、そのうち半数近くが命を落とした。ワクチン接種をまだ受けられない患者も多く。恐怖心を抱きながら日常を送っている。(毎日新聞:7月8日(木)より一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

mRNA技術 新薬革命 (8月17日(火)読売新聞)

~コロナワクチン迅速開発~

新型コロナウイルスのワクチンに使われた遺伝物質「メッセンジャーRNA(mRNA)」に注目が集まっている。迅速な開発が成功した背景には、体内でmRNAが安定して働くようにする長年の研究と技術の革新があった。他の病気の治療薬にも応用が広がる。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事画像をクリックすると「新聞記事のPDFファイル」が開きます。

新型コロナウイルス感染症について (全腎協)

腎協加盟組織 御中
全腎協役員 各位

一般社団法人 全国腎臓病協議会
会長  馬場 亨


新型コロナウイルス感染症患者は急増し、東京都では 1 日に 5,000 人を超える新規感染者が発生しています。 8 月 5 日現在の厚生労働省発表では、陽性者数970,460 人、死亡者数15,228 人となっています。

人工透析患者では 7 月 29 日現在、感染者数 2,093 人、死亡者数 358 人となっています(日本透析医会、日本透析医学会・日本腎臓学会新型コロナウイルス感染対策合同委員会発表)。

日本透析医会、日本透析医学会・日本腎臓学会新型コロナウイルス感染対策合同委員会より透析施設へ入院調整の現状とお願いの事務連絡文書が出されていますので下記にその概要をお知らせします。文書も添付いたしますのでご確認くださいますようお願い申し上げます。

つきましては、各県 加盟組織におかれましても、地元透析医会や都道府県担当課と連携し、地元で新型コロナウイルスに透析患者が感染した場合の対応及び受け入れ医療機関等についで情報収集に努め、併せて、加盟組織からも組織内の会員等への情報発信をお願い申し上げます。

全腎協でも引き続き新型コロナウイルス感染症対策の情報収集に努めてまいりますが、上記ご協力の程重ねてお願い申し上げます。

日本透析医会・日本透析医学会・日本腎臓学会
新型コロナウイルス感染対策合同委員会 令和 3年8 月 2日付文書

【概要】
感染者が急増している東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県では、病床ひっ迫 により、透析患者は無症状・軽症でも入院という原則が保てず、自施設での透析をお願いする症例が発生している。更に入院中の患者が重症化した場合でも、 転院先を見つけることがほぼ不可能となっている。

  • 新型コロナワクチンの接種体制の確保と推進について

    第4波の透析患者の新規感染者は、第3波に比べ急激に減少している。2021年より65 歳以上の高齢者を対象に開始された新型コロナウイルスワクチン接種が、 高齢者の割合が多い透析患者に効果をもたらしたもの考えられる。すべての透析患者(65歳未満を含む)を対象に、 速やかなワクチン2回接種の終了を目指すようお願いしたい。

  • 新型コロナウイルス感染症透析患者の新規受け入れや増床について

    新型コロナウイルス感染症透析患者が増加しており、 現状の受け入れ施設だけでは入院調整が困難となっている。今後、更なる増加が見込まれるので、まだ受け入れを行っていない施設では受け入れの検討、 すでに受け入れを行 っている施設では増床の検討をお願いしたい。

  • 維持透析施設への退院患者の新規の受け入れについて

    維持透析施設においては、 入院している新型コロナウイルス感染症透析患者が、 退院基準を満たし退院可能と判断された場合、 患者の速やかな受け入 れをお願いしたい。 退院が迅速に進まなければ入院患者が滞り、 結果として 新たな患者の受け入れができない。

  • 外来維持透析施設および入院透析施設における感染患者の透析について

    入院病床の不足から、 入院調整ができるまでの透析を当該の外来維持透析施設で行わなければならない場合がある。

    外来維持透析施設で感染患者の透析を行う場合、 空間的あるいは時間的隔離、 個人防護具の着用と環境表面の清掃・消毒を行うなど感染症対策の徹底をお願いしたい。

    新型コロナウイルス感染症透析患者が通院する場合、 公共交通機関(タクシー含む)は使用できない。 地域の行政と連携して通院手段の確保をお願い したい。

    首都圏では入院中の患者が重症化した場合でも、 転院先を見つけることがほぼ不可能である。 そのことを念頭において診療をお願いしたい。

  • 医療従事者および透析患者へのお願い

    • 透析患者および透析患者の家族を含むワクチン接種の推進
    • 県をまたぐ移動や不要不急の外出は控える
    • ワクチン接種後の感染対策の継続
    • 感染疑い例への積極的なスクリ ーニング検査と隔離透析
    • 自施設での隔離透析の準備



↑上のボタンをクリックすると 「透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の 入院調整の現状と透析施設へのお願い 」 が開きます。



酒提供停止、時短要請(新型コロナウイルスまん延防止等重点措置)(8月6日(金)読売新聞)

~8日~31日 12市町村で~

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県内8日から31日までの24日間、「まん延防止等重点措置」が適用され、より厳しい規制が課せられることになった。5日記者会見した大村秀章知事は「少しでも感染拡大の速度を抑え、ワクチン接種を進めていきたい」と述べ、措置への協力と感染防止対策の徹底を県民に呼びかけた。(読売新聞より一部抜粋)


↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

■まん延防止等重点措置に伴う主な措置
期間8月8日~31日(24日間)
対象区域名古屋、春日井、江南、大府、尾張旭、日進、清須、あま、長久手、東郷、大治、飛島(計12市町村)
飲食店▽区域内:午後8時までの営業時間短縮、酒類提供は終日停止
▽区域外:午後9時までの営業時間短縮、酒類提供は余裕をもってストップ
外出県全域で日中を含めて不要不急の外出は自粛。特に対象区域は午後8時以降、それ以外は午後9時以降の外出を自粛
移動県をまたぐ移動、特に東京や首都圏、緊急事態宣言、まん延防止等重点措置地域への不要不急の移動を自粛
イベント東京五輪・パラリンピック関連の観戦イベントは自粛。声を出すイベントは収容人数の50%以下かつ5000人以内

■県内の警戒レベルの指標
※( )内は確保病床増床に伴い6日から変更
基準項目注意警戒厳重警戒危険直近の状況
新規感染者数50人未満50人160人260人252.9人
陽性率2.5%未満2.50%5.00%10.00%4.70%
入院患者数220人未満
(235人未満)
220人
(235人)
300人
(314人)
750人
(785人)
283.7人

※( )内は確保病床増床に伴い6日から変更
参考項目注意警戒厳重警戒危険直近の状況
重症者数22人未満
(25人未満)
22人
(25人)
30人
(34人)
75人
(85人)
9.6人
70歳以上の高齢者数7人未満7人22人36人5.4人

透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の 入院調整の現状と透析施設へのお願い (日本透析医会から各透析医療施設へ)

東京都では1日に3,000人を超える新規感染者の発生が続き、一般の方での感染者の入院が増加したことから、コロナ病床はひっ迫した状況となり、透析患者においても入院が非常に困難な状況となっています。また、神奈川・埼玉・千葉県においても同様の状況になっています。今後、この状況は全国の主要都市、そして地方都市へと拡大することが予想されます。

病床ひっ迫によって、7月末より上記の1都3県では、透析患者は無症状・軽症でも入院という原則が保てず、入院が決まるまでの間は、自施設での透析をお願いする症例が発生しています。 更に入院中の患者が重症化した場合でも、転院先を見つけることがほぼ不可能となっており、1都3県においては医療崩壊となり透析領域にも深刻な影響を及ぼしています。

逼迫している1都3県においては、行政と連携して病床の確保に努めておりますが、各透析医療施設におかれましては、このような現状を十分にご理解いただいて、透析患者における感染の急増を防止すること、透析患者対応の病床を確保する観点から、以下について対応および徹底をお願いいたします。(添付書類「別紙1」から一部抜粋)




↑上のボタンをクリックすると 「別紙1 透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の 入院調整の現状と透析施設へのお願い 」 が開きます。





↑上のボタンをクリックすると 「別紙2 透析患者における累積の新型コロナウイルス感染者の登録数(7月29日現在)



レムデシビル保険適用へ(8月4日(水)読売新聞)

~年度内供給目指す~

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」を保険適用する方針を固めた。4日に開かれる 中央社会保険医療協議会(中医協) に提案する。新型コロナは 指定感染症 なので、保険適用後も治療費の患者負担は生じない。(読売新聞より一部抜粋)

※中央社会保険医療協議会(中医協)とは
中央社会保険医療協議会(ちゅうおうしゃかいほけんいりょうきょうぎかい、Central Social Insurance Medical Council)とは、日本の健康保険制度や診療報酬の改定などについて審議する厚生労働相の諮問機関。通例、中医協(ちゅういきょう)。

※指定感染症とは
新型コロナは、感染症法という法律の中で、「指定感染症」に指定されています。
感染症法は、患者等の人権を尊重しつつ、良質かつ適切な医療の提供を確保する目的の法律です。感染症に迅速かつ適確に対応するため、感染症を「一類感染症」から「五類感染症」、「新型インフルエンザ等感染症」、「新感染症」、そして「指定感染症」という区分が設けられ、区分に応じた措置が取られます。
これらのうち、「指定感染症」は、新しい感染症への対策を迅速に法に基づき行うために、期限付きで運用できるようにするためにつくられたカテゴリーです。新型コロナは、2020年1月28日から2021年2月6日までの期限つきで「指定感染症」となりました。(注)2020年12月17日に2022年1月31日まで延長されました。


↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

■感染症の類型について

類型感染症名等
1類感染症(7疾患) エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱
2類感染症(7疾患) 急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルスに限る)、鳥インフルエンザ(H5N1)、鳥インフルエンザ(H7N9)
新型インフルエンザ等感染症 新型インフルエンザ、再興型インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症、再興型コロナウイルス感染症
3類感染症(5疾患) コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
4類感染症(44疾患) 【動物由来感染症等】E型肝炎、ウエストナイル熱、鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く)、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、その他40疾患
5類感染症(48疾患) アメーバ赤痢、ウイルス性肝炎、RSウイルス感染症、性器クラミジア感染症、その他44疾患
指定感染症 政令で1年間に限って指定された感染症
新感染症 【当初】都道府県知事が厚生労働大臣の技術的指導・助言を得て個別に応急処置する感染症
【要件指定後】政令で症状等の要件指定をした後に一類感染症と同様の扱いをする感染症

塩野義製薬 新型コロナウィルスワクチン 年内最終治験(8月3日(火)読売新聞)

~年度内供給目指す~

塩野義製薬は2日、開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、最終段階の臨床試験(治験)を2021年中に始めると発表した。21年度中の供給開始を目指す。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

政府は新型コロナウィルス感染者の入院を重症者らに限る方針を発表(8月3日(火)読売新聞)

~コロナ新方針に重症化見極め困難(保健所・医師負担増も)~

新型コロナウイルス感染者の入院を重症者らに限る方針が、2日に開かれた関係閣僚会議で決まった。政府は病床 逼迫ひっぱく の緩和を狙うが、医療現場からは「入院が必要な患者の見極めが難しい」と困惑の声も上がる。

新たな方針は、感染者が急増している地域で、入院の対象を重症者や重症化リスクの高い人に絞る。それ以外は自宅療養を基本とする。これまで感染者は原則入院か宿泊療養だった。

自宅療養者の訪問診療を行う新宿ヒロクリニック(東京都新宿区)の 英はなぶさ 裕雄院長は「感染者が急増する現状では、妥当な対応だ」とする。自宅療養の患者が適切な医療を受けられるように、「病院と連携し、病状の変化に応じてスムーズに入退院できる仕組みを作ることが大切だ」と話す。

一方、入院が必要かどうかの判断を担う保健所や医師の負担感は増大する。

軽症・中等症を受け入れる東京曳舟病院(東京都墨田区)の三浦邦久副院長は「重症化リスクの高い患者の見極めは困難だ」と指摘する。糖尿病などの基礎疾患のない若い患者でも、急速に重症化するケースがある。また、「重症化リスクの高い患者の入院が増えると、人手がかかり、スタッフ不足に陥らないかも心配だ」と話す。(読売新聞より一部抜粋)

名古屋のさる医療関係者の話によるとここ1ヶ月~2ヶ月が我慢時である。デルタ株は2倍の感染力があり、重症化しやすい。透析患者は重症化すると大変なので、 ワクチン接種を薦める。名古屋の主な透析施設関係者とコロナ対策ついて協議し、名古屋市内での入院12~13病床を確保した。

更なるコロナ感染とワクチン接種について「愛腎協」として、広報啓発して欲しいと述べられた。

症状のイメージ
区分症状・治療
軽症熱や倦怠感など
中等症Ⅰ呼吸困難
中等症Ⅱ酸素投与が必要
重症人工呼吸器などが必要
↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

新型コロナウイルスワクチン高齢者接種完了74%(7月31日(土)読売新聞)

~64歳以下は4%~

政府が7月末の完了方針を掲げる高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン接種で、接種で、接種を終えた人の割合は7月30日時点で1回目が86%、2回目が74%に達していることが内閣官房のデータでわかった。今後は、感染が急拡大する若年層への接種加速化が急務となる。(読売新聞より一部抜粋)

高齢者の接種率(%)
NO 都道府県名1回目2回目 NO 都道府県名1回目2回目 NO 都道府県名1回目2回目
1北海道8466 17石川8982 33岡山8879
2青森8571 18福井8877 34広島8675
3岩手8566 19山梨8779 35山口8680
4宮城8977 20長野8877 36徳島8778
5秋田8676 21岐阜9185 37香川8472
6山形9081 22静岡8570 38愛媛8576
7福島8776 23愛知8878 39高知8475
8茨城8468 24三重8775 40福岡8677
9栃木8565 25滋賀9182 41佐賀9084
10群馬8879 26京都8375 42長崎8573
11埼玉8671 27大阪8168 43熊本8878
12千葉8572 28兵庫8575 44大分8775
13東京8373 29奈良8678 45宮崎8676
14神奈川8576 30和歌山8781 46鹿児島8675
15新潟8977 31鳥取8777 47沖縄8169
16富山8773 32島根8570 全体8674
※7月30日現在
↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

感染者連日200人超(7月30日(金)読売新聞)

~緊急事態中と同水準~

新型コロナウイルスの感染が再び急拡大している。政府は30日、大阪など4府県を「緊急事態宣言」の対象地域に追加し、兵庫など5道府県に「まん延防止等重点措置」を適用することなどを決めた。県内でも連日200人を超える新規感染者が確認されている。感染は「第5波」の新たな局面に入った。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

ワクチン供給8割に「政府発表」(7月22日(木)読売新聞)

~接種2回分 10月上旬まで~

河野行政・規制改革相は21日の記者会見で、新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンについて、9月から10月10日にかけて都道府県に供給する計画を発表した。配分は計3510万回分となる見通しで、米モデルナ製と合わせ、12歳以上の対象者のうちの8割が2回接種できる量を満たすことになる。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

(愛知県)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び夏休み期 間中の感染拡大防止対策徹底に関する知事メッセージの発出について(通知)

愛知県福祉局から下記に示すとおり「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び夏休み期 間中の感染拡大防止対策徹底に関する知事メッセージの発出について」の通知がありました。

令和3年7月20日付け3防危第328号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から 別紙1 のとおり通知がありました。

関係団体の皆様におかれましては、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び夏休み期間中における感染拡大防止対策の徹底をお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920




↑上のボタンをクリックすると 「別紙1 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び夏休み期間中の感染拡大防止対策徹底に関する知事メッセージの発出について(通知)」
が開きます。





↑上のボタンをクリックすると大村知事からの 「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会及び夏休み期間中の感染拡大防止対策徹底のお願い」 が開きます。


◆参考資料◆
↓下の項目をクリックすると参考資料(PDFファイル)が開きます。↓
 夏休み期間中における留意事項について(内閣官房事務連絡)(PDF)
 夏のリバウンド阻止に向けた愛知・岐阜・三重3県知事共同メッセージ(PDF)
 愛知県厳重警戒宣言(県民・事業者の皆様へのメッセージ)(PDF)
 愛知県厳重警戒措置の概要(PDF)


ワクチン接種について透析施設で接種できるように配慮を

患者から透析施設でなぜワクチン接種ができないのかという要望があり、ようやく厚生労働省(厚生労働省健康局健康課予防接種室)から都道府県・市町村・特別区に透析施設にワクチン接種を配慮するように通達文が出されました。




↑上のボタンをクリックすると「精神疾患による入院患者や人工透析患者への新型コロナウィルスワクチンの接種体制の確保について」の通達文が開きます。 が開きます。↑


コロナ軽症薬初承認(7月21日(水)読売新聞)

~抗体カクテル療法~(高リスク患者入院し点滴)

厚生労働省は19日、「抗体カクテル療法」と呼ばれる点滴薬を、新型コロナウイルス感染症の新たな治療薬として特例承認した。国内で4番目の新型コロナウイルス治療薬となり、軽症者用としては初となる。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

モデルナ製「12歳から」了承(7月21日(水)読売新聞)

薬事・食品衛生審議会の部会は19日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種対象年齢を「18歳以上」から「12歳以上」に引き上げる添付文書の改訂を了承した。厚労省は月内にも別の専門部会を開き、公費で行う「臨時接種」の対象に含めるかどうかを話あう。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

ワクチン追加調達せず(7月21日(水)読売新聞)

河野氏10月~11月完了「十分可能」

河野行政・規制改革相は19日の日本テレビの番組で、新型コロナウイルスワクチンの供給不足を補うための追加調達はしない考えを示した。世界的にワクチン需要が高まっていることから、「全く打ててない国がある中で、『日本だけよこせ』というわけにはいかない」と理解を求めた。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

ワクチンデマ世界で深刻化(7月19日(月)読売新聞)

~SNS拡散 接種伸び悩み~

「効果がない」「不妊になる」といった新型コロナウイルスのワクチンを巡るデマが、世界で深刻な問題となっている。若年層を中心にインターナットの真偽不明な情報を信じる人が増えてい接種率が伸び悩み、感染拡大につながっていると指摘されている。多くはSNS経由で拡散しているとされ、IT大手には実効性のある対策が求められている。(読売新聞より一部抜粋)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

ワクチンを巡るデマの例
効果がない
不妊になる
ヒト免疫不全ウイルス(HIV)に感染する
自閉症を引き起こす
政府が遺伝子操作をしようとしている
政府がチップを埋め込んで管理する

※愛腎協ではワクチン接種を推進しています。
透析患者は感染すると重症化しやすく、生命の危険のリスクが60代で25倍、 70代46倍です。64才以下の接種になってようやく基礎疾患(糖尿病、透析患者等) が優先して接種が出来る様になりました。
もちろんワクチン接種は強制ではありません。主治医に相談してからワクチン接種ください。

ワクチン不足県が穴埋め(7月15日(木)読売新聞)

~調整枠配分、来月まで供給維持へ~

県は14日、国からの供給不足が懸念される米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンについて、県の裁量で配分先を割り振れる「調整枠」を使い、8月前半分の供給量が1割削減される名古屋市と春日井市の削減分を穴埋めするなど、計17市町に配分する考えを明らかにした。これにより、全市町村で8月末までワクチン不足は生じない見込み。(読売新聞より一部抜粋)

◆新型コロナワクチンの県調整枠の配分先◆
基本計画枠県の調整枠
名古屋市12413
豊橋市234
一宮市2310
春日井市181
豊川市112
安城市129
蒲郡市56
犬山市52
江南市61
稲沢市94
新城市35
尾張旭市611
田原市43
清須市52
弥富市39
蟹江市23
幸田町33
※単位は箱。1箱あたり1170回分
↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ治療薬開発加速(国内製薬)(7月10日(土)読売新聞)

~ワクチン遅れ巻き返し~

国内の製薬各社が新型コロナウイルス治療薬の開発を加速させている。世界中でワクチン接種は進んでいるものの、コロナ禍以前の日常をを取り戻すには、様々な症状に対した治療薬が不可欠だ。海外勢にはワクチンの実用化で先行されており、巻き返しを図る。(読売新聞より一部抜粋)

製薬会社名内容
中外製薬 ウイルスの活動を抑える抗体を組み合わせた「抗体カクテル」の点滴薬を6月に厚生労働省に承認申請
塩野義製薬 抗ウイルス効果のある飲み薬で、近く治験を開始。重症化を抑制する治療薬も米企業と開発中
日本新薬 リボ核酸を体内に投与し、疾病を治療する核酸医薬の技術を活用。2022年に治験開始。
田辺三菱製薬 コロナから回復した患者が持つ中和抗体を使った治療薬。慶應義塾大学と共同研究
ヒューマンライフコード へその緒(さい帯)由来の幹細胞を活用。重症患者向けで、日本医療研究開発機構が支援
ロート製薬 人の脂肪から培養した幹細胞を活用。重症患者向けに治験を実施中

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

感染症指定医療機関について(愛知県)

感染症指定医療機関には、特定感染症指定医療機関、第一種感染症指定医療機関、第二種感染症指定医療機関があります。
※病院名をクリックすると病院ウェブサイトにジャンプします。

■特定感染症指定医療機関

特定感染症指定医療機関は、新感染症の所見がある患者、一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症の患者の入院を担当させる医療機関として、厚生労働大臣が指定した病院です。(全国で4か所指定:成田赤十字病院(千葉県 )、国立国際医療研究センター病院(東京都)、常滑市民病院(愛知県)、 りんくう総合医療センター(大阪府))

病院名称所在地病床数
常滑市民病院 愛知県常滑市飛香台3丁目3−3 2

■第一種感染症指定医療機関

第一種感染症指定医療機関は、一類感染症、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症の患者の入院を担当させる医療機関として都道府県知事が指定した病院です。(県内で1か所指定)

病院名称所在地病床数
名古屋第二赤十字病院 愛知県名古屋市昭和区妙見町2-9 2

■第二種感染症指定医療機関

第二種感染症指定医療機関は、二類感染症、新型インフルエンザ等感染症の患者の入院を担当させる医療機関として都道府県知事が指定した病院です。
①感染症病床を有する第二種感染症指定医療機関として県内10か所指定
②結核病床を有する第二種感染症指定医療機関として県内7か所指定

第二種感染症指定医療機関(感染症病床)(68床)
二次医療圏 病院名称所在地病床数
名古屋・尾張中部 名古屋市立大学医学部附属東部医療センター 愛知県名古屋市千種区若水1-2-23 10
海部 愛知県厚生農業協同組合連合会海南病院 愛知県弥富市前ヶ須町南本田396 6
尾張東部 公立陶生病院 愛知県瀬戸市西追分町160 6
尾張西部 一宮市立市民病院 愛知県一宮市文京2-2-22 6
尾張北部 春日井市民病院 愛知県春日井市鷹来町1-1-1 6
知多半島 愛知県厚生農業協同組合連合会知多厚生病院 愛知県知多郡美浜町大字河和字西谷81-6 6
西三河北部 愛知県厚生農業協同組合連合会豊田厚生病院 愛知県豊田市浄水町伊保原500-1 6
西三河南部東 愛知県立愛知病院 愛知県岡崎市欠町字栗宿18 6
西三河南部西 医療法人豊田会刈谷豊田総合病院 愛知県刈谷市住吉町5-15 6
東三河北部・南部 豊橋市民病院 愛知県豊橋市青竹町字八間西50 10

※ 愛知病院は新型コロナウイルス感染症の専門病院として運用中。

第二種感染症指定医療機関(結核病床)(200床)
二次医療圏 病院名称所在地病床数
名古屋 独立行政法人国立病院機構東名古屋病院 愛知県名古屋市名東区梅森坂5-101 60
名古屋 社会医療法人大同病院 愛知県名古屋市南区白水町5 10
尾張東部 公立陶生病院 愛知県瀬戸市西追分町160 44
尾張西部 一宮市立市民病院 愛知県一宮市文京2-2-22 18
西三河南部 愛知県立愛知病院 愛知県岡崎市欠町字栗宿18 50
東三河 豊橋市民病院 愛知県豊橋市青竹町字八間西50 10
東三河 豊川市民病院 愛知県豊川市八幡町野路23 8

■感染症の類型について

感染症類型
類型感染症名等
1類感染症(7疾患) エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱
2類感染症(7疾患) 急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルスに限る)、中東呼吸器症候群(MERSコロナウイルスに限る)、鳥インフルエンザ(H5N1)、鳥インフルエンザ(H7N9)
新型インフルエンザ等感染症 新型インフルエンザ、再興型インフルエンザ、新型コロナウイルス感染症、再興型コロナウイルス感染症
3類感染症(5疾患) コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
4類感染症(44疾患) 【動物由来感染症等】E型肝炎、ウエストナイル熱、鳥インフルエンザ(H5N1及びH7N9を除く)、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、その他40疾患
5類感染症(48疾患) アメーバ赤痢、ウイルス性肝炎、RSウイルス感染症、性器クラミジア感染症、その他44疾患
指定感染症 政令で1年間に限って指定された感染症
新感染症 【当初】都道府県知事が厚生労働大臣の技術的指導・助言を得て個別に応急処置する感染症
【要件指定後】政令で症状等の要件指定をした後に一類感染症と同様の扱いをする感染症

医療圏

医療圏とは、「医療法」に基づいて都道府県が制定する、病床整備のための単位である。1次医療圏から3次医療圏までが設定されている。

人口の高齢化や疾病構造の変化など、地域の医療ニーズに応じた保険医療体制を整備するために設けられたもの。

医療圏 単位目的その他
一次医療圏 市町村 日常生活に密着した保健医療を提供 かかりつけ医への外来診需要を基準
二次医療圏 複数の市町村 健康増進・疾病予防から入院治療まで一般的な保健医療を提供 保健所の所管区域
三次医療圏 都道府県 先進的な技術が必要な特殊な医療に対応 精神、結核、感染症病床の基準病床数の決定

資料: 愛知県ホームページの 「感染症指定医療機関について」のページ
URL=「https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kansen-taisaku/0000022203.html


「愛知県まん延防止等重点措置」の重点措置を講じるべき区域の変更について(通知)

愛知県福祉局から下記に示すとおり「愛知県まん延防止等重点措置」の重点措置を講じるべき区域の変更についての通知がありました。

令和3年6月29日付け3防危第255号で愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から 別添 のとおり通知がありました。

「愛知県まん延防止等重点措置」の重点措置を講じるべき区域について、 同通知別紙1 のとおり、令和3年7月3日(土)から変更となりますので御承知いただくとともに、引き続き本県のまん延防止等重点措置の実施に御協力いただきますようお願いします。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920




↑上のボタンをクリックすると「愛知県まん延防止等重点措置」の重点措置を講じるべき区域の変更について(通知)が開きます。 」が開きます。↑





↑上のボタンをクリックすると「別紙1 愛知県まん延防止等重点措置の対象区域の変更について」が開きます。 」が開きます。↑





↑上のボタンをクリックすると「別紙2 愛知県まん延防止等重点措置の変更点」が開きます。 」が開きます。↑


イベント開催の事前相談に係る手続き等の変更について(愛知県福祉局からの通知)

愛知県福祉局からイベント開催に係わる手続きについて下記の内容の通知がありました。

令和3年6月28日付け3防危第251-2号で 愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長から別添のとおり通知 がありました。

全国的な移動を伴うイベント又はイベント参加者が1,000人を超えるようなイベント開催の事前相談について、2021年7月1日以降は、別添 「イベント開催の事前相談等に係る手続きについて(2021年7月1日以降受付)」 に基づき、愛知県防災安全局防災部防災危機管理課啓発グループにおいて実施されますので御承知おきください。

担 当 福祉部障害福祉課
医療・給付グループ
電 話 052-954-6291(ダイヤルイン)
FAX 052-954-6920




↑上のボタンをクリックすると「愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部長からの通知」が開きます。 」が開きます。↑





↑上のボタンをクリックすると「イベント開催の事前相談に係る手続等の変更について」が開きます。 」が開きます。↑





↑上のボタンをクリックすると「内閣官房事務連絡」が開きます。 」が開きます。↑


愛知県「まん延防止等重点措置」の7月3日から14市町から4市へ(読売新聞6月30日)

~名古屋市、小牧市、豊橋市、蒲郡市が対象区域に~

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

大規模会場予約江南市も始まる(読売新聞6月30日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ禍と「面会制限」3話(全3話)(読売新聞6月30日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

名古屋市新型コロナウイルスワクチン接種券前倒しで発送(読売・中日新聞6月29日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ禍と「面会制限」2話(全3話)(読売新聞6月29日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ禍と「面会制限」1話(全3話)(読売新聞6月28日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ接種後の注意、その後もコロナ対策を(読売新聞6月27日))

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

コロナ接種はどこで(読売新聞6月27日)

↑上の新聞記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

新型コロナウイルスのワクチン接種状況

64歳以下接種6月内15市町~39市町村は7月中に

新型コロナウイルスワクチンの64歳以下の接種について、県内54市町村のうち、15市町で22日までに接種が始まっているが、今月中に開始する予定であることが、読売新聞の調査でわかった。39市町村が7月中に開始する予定で、県内では、中高年や若い世代への準備が急ピッチで進み、学校の夏休み期間中に子供たちの接種の準備を進める自治体も出てきた。

首相官邸によると、県内の高齢者を含んだワクチンの一般接種回数(21日時点)は142万6174回。2回の接種を終えた人は約29万人に上り、自衛隊による大規模接種会場のある東京についで全国2番目の多さだった。

県では、トヨタ自動車と連携して接種を進めた豊田市など、各自治体が地域の実情に合った接種計画を実行したことが大きな要因だと分析。県が開設した大規模接種会場を人口の多い名古屋市が活用したこともあり、県内の65歳以上の接種が順調に進んだとみている。

一方、米ファイザー製ワクチンの公的接種の年齢制限が16歳から12歳に引き下げられたことを受け、多くの自治体は、子どもたちへの接種についても、検討を始めた。

名古屋市は、16歳未満の接種希望者は保護者の同意を得た上で各自が接種を受ける方向で検討を開始。津島市では、受験などを控える中学3年生と高校3年生が優先的に接種できるよう7月中旬頃に接種券を発送。愛西市では12~14歳の接種計画は,未定だが、15~18歳については学校の夏休みを利用して接種を始める予定となっている。

2021年6月26日(土)読売新聞記事より

★64歳以下への接種開始予定時期★
5、6月中
(開始済み含む)
江南市、あま市、津島市、弥富市、小牧市、尾張旭市、大府市、安城市、半田市、豊田市、日進市、刈谷市、田原市、大口町、豊山町
7月中 名古屋市、一宮市、稲沢市、愛西市、犬山市、春日井市、岩倉市、北名古屋市、清須市、瀬戸市、長久手市、東海市、知多市、常滑市、知立市、豊明市、高浜市、みよし市、碧南市、岡崎市、西尾市、豊橋市、蒲郡市、豊川市、新城市、大治町、蟹江町、扶桑町、東浦町、阿久比町、武豊町、美浜町、東郷町、南知多町、幸田町、設楽町、東栄町、飛島村、豊根村

※22日現在。以降の変更は反映されていない場合もある。



↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

全国ワクチン接種率(6月24日現在)

1回目1984万6,247人(20.10%)  2回目704万1,893人(9.17%)

愛知県ワクチン接種率(6月21日現在)

1回目142万9401人  2回目52万6758人

愛知県65歳以上ワクチン接種率(6月21日現在)

1回目63.01%  2回目21.5%

ワクチン接種率(第1回目全国順位)
順位県名接種率
1佐賀69.83%
2岐阜67.27%
3山形64.46%
4石川64.25%
5愛知63.01%
15三重57.33%
43静岡45.38%
東海・北陸各県の接種率状況
県名第1回目第2回目
富山54%20.94%
石川64.25%28.55%
福井58.99%26.72%
岐阜67.27%24.78%
静岡45.38%15.74%
愛知63.01%21.05%
三重57.33%21.29%

新型コロナウイルス感染症に係るワクチンを接種する際の
外出時に利用する障害福祉サービス等の取扱いについて

名古屋市健康福祉局から「新型コロナワクチン接種する際の外出時の付添い支援について」の資料が来ましたのでお読みください。

↑上の文書をクリックすると「資料のPDFファイル」が開きます。

大規模接種5か所開設へ(新型コロナウイルスワクチン接種会場)

バンテリンドームなど(愛知県発表)

新型コロナウイルスワクチンの接種を進めるため、愛知県は11日、新たに岡崎市など5か所の大規模集団接種会場を来月から順次開設すると発表した。県開設の接種会場は計7か所となり、1日最大7000人程度への接種が可能となる。

来月に開設されるのは、いずれも岡崎市の愛知医科大メディカルセンターと藤田医科大岡崎医療センター、安城市の安城更生病院、名古屋市東区のバンテリンドームの計4か所。人口の多い豊橋市内でも1か所、開設に向けて最終調整している。

いずれの会場も周辺自治体の住民が対象で、各市町の予約システムで予約する。現地には駐車場を設けるほか、駅などからの無料シャトルバスも運行する予定だ。

医療従事者の確保については、会場となる医療機関の勤務医らが対応するが、ドームでは民間医療人材派遣会社を活用する。

また、ドームでは、プロ野球のデーゲームやイベントがある日は除いて仮設の接種会場を設ける。

★愛知県が開設する大規模集団接種会場★
新たに開設期間対象自治体接種規模
愛知医科大メディカルセンター
(岡崎市)
7月3日~
9月30日
岡崎、豊田、
知立、みよし
平日1000人、
土日500人
藤田医科大岡崎医療センター
(岡崎市)
7月3日~
9月30日
岡崎、安城、西尾、
蒲郡、幸田
1日1000人
安城更生病院
(安城市)
7月3日~
9月26日
碧南、刈谷、安城、
西尾、知立、高松
土日840人
バンテリンドーム
(名古屋市)
7月5日~
9月30日
名古屋、瀬戸、
春日井、尾張旭、
長久手
1日500人

開設済み期間対象自治体接種規模
県営名古屋空港ターミナル(豊山町)5月24日~
9月30日
名古屋、春日井、
小牧、豊山
1日2000人
藤田医科大学病院(豊明市)5月24日~
9月30日
名古屋、刈谷、大府、
豊明、日進、東郷
1日1000人
↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

2021年6月12日(土)
読売新聞より抜粋

新型コロナウイルスワクチン接種クーポン6月30日から順次(名古屋市)

名古屋市、年齢層別

名古屋市は8日、新型コロナウイルスワクチンの64~16歳へのクーポン券の発送を30日から始まると発表した。

優先接種対象とした難病患者や障害者に発送後、予約を分散させるため、年齢層別に高い順から1週間程度の間隔を空けて送る。8月末までに発送を終え、希望者への 接種を年内にも完了させる方針だ。

59歳以下については、基礎疾患のある人のほか、高齢施設や障害者施設などの職員は、年代別に優先的に予約できる期間を1週間前後設けた。基礎疾患は自己申告してもらう。15~12歳への発送時期は検討中だという。

★名古屋市の64歳以下へのワクチン接種スケジュール★
区分クーポン券発送日予約開始日
難病患者6月30日6月30日
障害者7月6日7月6日
60~64歳7月12日7月12日
区分クーポン券発送日基礎疾患がある人などその他
55~59歳7月19日7月19日7月26日
50~54歳7月26日7月26日8月2日
45~49歳8月2日8月2日8月10日
40~44歳8月10日8月10日8月17日
35~39歳8月17日8月17日8月23日
23~34歳8月23日8月23日8月30日
16~22歳8月30日8月30日9月6日
12~15歳検討中
↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。


集団接種の会場 名古屋市が追加(新型コロナウイルスワクチン)

名古屋市は4日、集団接種会場として県営名古屋空港ターミナルビル3階と名古屋市立大学北千種キャンパスを新たに決定したと発表した。(2021年6月5日(土)読売新聞掲載)

↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

名古屋市保育士を優先(新型コロナウイルスワクチン)

64歳以下接種 乳幼児との接触考慮

新型コロナウイルスワクチンの64歳以下への接種で、名古屋市が市内の保育施設や幼稚園、特別支援学校の保育士や教職員に優先的に接種する方向で調整していることがわかった。(2021年6月5日(土)読売新聞掲載)

↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

障害者手帳所持6万人優先予約(名古屋市方針)

名古屋市は27日、新型コロナウイルスワクチン接種に関し、障害者手帳の所持者約6万人の優先申し込みを受ける方針を明らかにした(毎日新聞:令和3年5月28日掲載)(名古屋市会資料より)

↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

障害者に優先接種~名古屋市 64才以下ワクチン~

名古屋市は27日、7月に始める64歳以下の市民向け新型コロナウイルスワクチン接種で、障害がある人に対し接種クーポン券を優先的に早く送ることに決めた。(中日新聞:令和3年5月28日掲載)(名古屋市会資料より)

↑上の記事をクリックすると「記事のPDFファイル」が開きます。

会員の皆さんへ、コロナウイルス感染対策について(全腎協災害対策委員会)

全腎協(一般社団法人全国腎臓病協議会)災害対策委員会から、イラストを多く使って文章を少なくした、「新型コロナウイルス感染対策」の分かりやすいチラシが届きました。





↑上のボタンをクリックすると「新型コロナウイルス感染対策チラシ」が開きます。


コロナと新しい生活(広報なごや2月号抜粋)(名古屋市の皆様へ)

広報なごや2月号に新型コロナウイルスについての記事がありましたので、皆さんにご紹介します。下のボタンをクリックしてファイルを取得してお読みください。





↑上のボタンをクリックすると「コロナと新しい生活(広報なごや)の記事」が開きます。


新型コロナウイルス感染症が感染拡大しています。
一人ひとりの命を守るために感染対策をお願いします。(全腎協文書)

東京都、京都府、大阪府、兵庫県に続き5月12日からは愛知県、福岡県に緊急事態宣言が実施区域に加わり、また、北海道、埼玉県、千葉県、神奈川県、岐阜県、三重県、愛媛県、沖縄県が新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「まん延防止重点措置」が実施されており、さらに対象地域の拡大も検討されています。

多くの地域で過去最多の感染者数を記録しており、高齢者のみならず若い年齢層にも感染が広まっています。これまでの透析患者感染者総数は1639名、死亡者236名(コロナウイルス感染対策合同委員会、5月13日16時時点)となっており、感染した透析患者の受け入れベッドが不足することが大変危惧されます。

加盟組織におかれましては、引き続き感染症対策および会員への注意喚起にお取り組みくださいますよう願いいたします。

また、ワクチン接種については、市町村等で接種方法等に違いがありますので加盟組織におかれましては、感染症対策とともに情報収集や要望活動等にもお取り組みくださいますようお願いいたします。

★感染症対策の基本を軽視しないで下記を忘れず実行してください。★


(1)医療機関、透析クリニック、高齢者入居施設などでは、施設の感染症対策ルール(手洗い・消毒、マスクの着用等)を必ず守ってください。また、施設長、施設従事者等の指示に従い、感染症対策に取り組んでください。

(2)手洗い・消毒等を徹底してください。
① 食事の前後、間食時等
② 通院時の行きと帰り、外出後
③ マスクの交換時、鼻をかんだ後やくしゃみをした時
④ 正しい手洗い・消毒(全腎協資料、行政からのパンフレット等を参照)

(3)外出時や通院時は、必ずマスクを着用してくください。
人が密集するイベント等は自粛ください。不要不急の外出は、極力避けてください。特に、長距離移動は必ず主治医にご相談ください。

― 全腎協から加盟組織役員・会員の皆様へのお願いです。―
会員一人ひとり危機感を持って、感染症対策に取り組むことが、
自身の命を守り、仲間の命を守ります。感染症対策にお取り組みください。

2021年5月14日
一般社団法人 全国腎臓病協議会
会 長 馬場 享





↑上のボタンをクリックすると「全腎協文書」が開きます。


コロナワクチン接種始まるー高齢者接種 7月完了 1490自治体ー

新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、政府は12日、全国1741市区町村のうち85・6%の1490自治体で高齢者向け接種を政府目標の7月末までに完了する見通しだと発表。対象となる65歳以上の高齢者約3600万人のうち、少なくとも3000万人(84.5%)が接種を終える計算だ。

(読売新聞5月13日朝刊より)

◎愛知県
接種を速やかに進めるために、大規模な集団接種会場を整備する 予約は各市町で受付 会場へのシャトルバス運行も計画予定
1.県営名古屋ターミナル 1日2000人 県がんセンター病院が運営
他の県立病院や名古屋大学医学部付属病院などから医師や看護師の応援を 受ける
対象地域:名古屋市、春日井、小牧、豊山の各市町住民
2.藤田医科大学病院 1日1000人
対象地域:名古屋市、刈谷、大府、豊明、日進、東郷の各市町住民

◎名古屋市
 12日全16区で65歳以上の市民の接種がはじまった。 市は6月中旬に始まる、7月以降の接種受付に備え、近く電話回線を200回線に増設。今月下旬には地域のクリニックなどで個別接種も順次始まる。
パロマ瑞穂スタジアムで大規模接種会場を予定 7月~9月 3か月間 延べ10万5000人の接種を目指すとしている。

(読売新聞5月13日朝刊より)


ある透析施設の院長の話によると「ワクチン接種の予約の状況を患者に聞いてみると70%出来ていると聞いて安心している。当初コールセンターがかかりにくいとかネットもアクセスできない状態であると聞いていたので。」

施設では、予約の手続きについてわからない患者に関して事務方が対応しているが、人数が多いため、是非患者の皆様でお互いに協力して早くワクチン接種ができるようしましょう。!


※直コロナ感染予防に

いままで3密、ソーシャル・ディスタンシング(Social distancing)に注意と手洗い、うがい、アルコール消毒、検温を心掛けことでしたが、うがいの行為が飛沫感染が考えられるので、外でではひかえましょう。家庭の中ですることにしましょう。






↑上のボタンをクリックすると「読売新聞記事①」「読売新聞記事②」が開きます。


「愛知県緊急事態措置 」について

愛知県福祉局福祉部障害福祉課より「愛知県緊急事態措置 」についての文書が2021年5月11日(火)に愛腎協に送られてきました。
下のボタンをクリックするとPDFファイルが開きます。読んで新型コロナウイルスに感染しないようにしてください。




↑上のボタンをクリックすると「愛知県緊急事態措置」が開きます。


コロナ病床確保 各地で急ぐ(読売新聞記事)

↑写真をクリックすると「コロナ病床確保 各地で急ぐ(読売新聞記事)」のPDFファイルが開きます。

透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の
ワクチン接種に関するQ&Aについて

全腎協(一般社団法人 全国腎臓病協議会)から新型コロナウイルスのワクチン接種について「新型コロナウイルス感染対策合同委員会(日本透析医会、日本透析医学会、日本腎臓学会)」より「透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の ワクチン接種に関するQ&Aについて 」が送られてきましたので掲載します。


↑上のボタンを押すと
「透析患者における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の ワクチン接種に関するQ&Aについて 」
発行の書簡が開きます。



★「新型コロナウイルス感染症に対するワクチンの効果と副反応
~透析患者や医療従事者へのワクチン接種に関する Q & A を含めて~」
↓YouTube ↓★


視聴 URL: 全編 (約 50 分) (←文字をクリックしてください)

視聴 URL: 前編 「ワクチンの効果と副反応」 (約 18 分) (←文字をクリックしてください)

視聴 URL: 後編 「ワクチン接種に関する Q & A」 (約 31 分) (←文字をクリックしてください)

新型コロナウイルス感染症対策について、地方へ感染拡大しています。引き続き感染対策をお願いします。(全腎協)

(一社)全国腎臓病協議会 から「新型コロナウイルス感染症対策について地方へ感染拡大しています。引き続き感染対策をお願いします。」の書簡が4月12日に送られてきました。



↑上のボタンを押すと
「新型コロナウイルス感染症対策について地方へ感染拡大しています。引き続き感染対策をお願いします。」が開きます。

新型コロナウイルス感染症対策感染者数増加に対する緊急のお願い(全腎協)

新型コロナウイルス感染者数は「第3波」と言われ急速に増加しています。

北海道では11月10日現在6日間連続で100人を超えています。 また、 東京 293人、 大阪226人が新たに感染しています。 大都市のみならず地方でも感染者 が発生しており、加盟県組織から「外出禁止」の指示が患者に出ている施設があ るとの報告を受けています。

繰り返しになりますが、 透析患者や高齢者は感染リスクが高いと言われてい ます。引き続き、会員 人ひとりが感染症対策について今 度確認いただき、都 道府県を越える移動や長距離の旅行などは極力控え、 不要不急の外出は行わな いよう予防に努めてくださいますようお願いします。

また、秋から冬にかけてインフルエンザの流行が懸念されます。インフルエンザ感染症対策については、 新型コロナウイルス感染症対策と同様に下記A.~E.についてお取り組みをお願いします。

今後も油断することなく引き続き感染症対策へのお取り組みをお願いします。

ーーーインフルエンザ感染症対策・新型コロナウイルス感染症対策ーーー

  1. 外出時や通院時などマスクを着用してください。
  2. 丁寧な手洗いとアルコ-ル等による消毒、うがいをお願いします。
  3. 不要不急の外出は避けてください。密閉・密集・密接の場も避けてください。
  4. 他県への移動など長距離の移動が必要になった場合には、事前に透析施設に 相談し、透析施設の指示に従ってください。
  5. 毎日の体温測定と健康状態に注意してください。
    発熱や咳、嘔吐や下痢などの症状がある場合は、透析施設に必ず電話連絡をし、透析施設の指示に従ってください。
※暖房を使用する機会が多くなります。部屋の換気等には十分ご注意ください。
必ずお読みください。そして、感染症対策のお取り組みをお願いします。



令和2年11月12日
全腎協書簡から抜粋





↑上のボタンを押すと「新型コロナウイルス感染症対策感染者数増加に対する緊急のお願い」が開きます。


透析患者における累積の新型コロナウイルス感染者数(2020年6月5日付)

―透析医会、日本透析医学会、日本腎臓学会の新型コロナウイルス感染対策合同委員会よりー



全国で104人、死亡者数は18人となっています。

合同委員会が公開した新型コロナ感染者の原疾患は、糖尿病性腎症が36人、慢性糸球体腎炎が23人。酸素投与が必要な患者は39人、呼吸機器が必要な患者は12人、ECMOが必要な患者は3人。治療薬はアビガンの投与患者が32人、オルベスコが17人、レムデシビルの投与はゼロだった。 4月10日段階で感染者は31人だったので、この2か月で3倍増加している。 東京地区35人、東京を除く関東地区24人、近畿地区21人、甲信越・北陸・東海地区12人、九州・沖縄地区11人、北海道・東北地区1人、中国・四国地区0人。 感染者を年齢別にみると、80歳代34人、70歳代24人、60歳代18人、50歳代15人 死亡者数は80歳以上7人(29.2人)70歳代7人(20.6%)60歳代3人(16.7%)と高齢者の罹患と死亡が目立ちます。

全腎協 馬場亨会長(6月2日付)より「新型コロナウイルスは終息していません。油断することなく一人ひとりが引き続き感染症対策にお取組みください。3蜜を避け、全国の仲間と共に感染予防に 取り組んでいきましょう。」と呼び掛けています。

事務局人員体制の変更について(新型コロナウイルス感染対策)

新型コロナウイルス流行に対して、4月10日に愛知県独自の「非常事態宣言」が出され、外出の自粛の要請が出ております。愛腎協事務局として事務局員の感染予防のために事務局員の勤務体制を変更させて頂きます。 事務局自体の業務時間は月曜日から金曜日の9時から16時で変わりありませんが、人員を半分程度にして業務を行います。

曜日により担当者が不在などでご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

令和2年4月16日
愛腎協事務局

愛知県保健医療局健康対策課から新型コロナウイルスの要望書の回答がきました。

一般社団法人愛知県腎臓病協議会(愛腎協)が2020年2月27日に愛知県保健医局長の吉田 宏氏に「新型コロナウイルスの検査対応について要望書」を提出しました。 内容は下記に示したとおりです。

その回答書がきましたので、その内容も下記に示しました。

■要望内容
(1)透析患者の新型コロナウイルスの検査を優先的にしてください。
(2)新型コロナウイルスで陽性といわれた時の施設の確保をお願いします。


■回答
◎事項
透析患者に対する新型コロナウイルスの優先的検査、透析患者が新型コロナウイルスで陽性反応が出た場合の施設確保。
※愛知県(2月27日)、名古屋市(3月3日)、他市町に要望書を提出。
◎担当
保健医療局健康対策課
◎対応状況
平成29年度設備整備補助金でポータブル透析装置を感染症指定医療機関に2台配備している。今後、透析患者において新型コロナウイルス陽性反応が出た場合はポータブル透析装置を配備している医療機関への入院を調整していく。




↑上のボタンをクリックすると愛知県保健医療局長 吉田 宏 様へ提出した要望書が開きます。 」が開きます。↑







↑上のボタンをクリックすると愛知県保健医療局健康対策課からの「新型コロナウイルス要望書の回答書」が開きます。 」が開きます。↑


新型コロナウイルス感染症の対応について(内閣官房のホームページ内より)

愛知県障害福祉課の方から「新型コロナウイルス関係の情報」がある内閣官房のホームページの連絡がありましたので、掲載させていただきました。下記のボタンを押すと 「新型コロナウイルス感染症の対応について」のページにジャンプします。





↑上のボタンをクリックすると内閣官房のホームページ内
「新型コロナウイルス感染症の対応について」のページにジャンプします。


新型コロナウイルスについて愛知県、名古屋市、他市町に要望書を提出

いまだ新型コロナウイルスの感染が勢いが止まらない中で、今のところ愛知県下で透析患者での新型コロナウイルスの感染者は出ていませんが、 不測の事態に備えて、要望書を愛知県(2月27日)、名古屋市(3月3日)に提出しました。

■要望内容
1.透析患者の新型コロナウイルスの検査を優先的にしてください。
2.新型コロナウイルスで陽性といわれた時の施設の確保をお願いします。

※愛知県下12感染症対策病院があります。すべての施設に透析が出来るわけではありません。
尚いっそう患者の皆様のおかれましては、手洗い、うがい、アルコール消毒を心がけ。 極力必要のない外出は避けて頂きたいと思います。患者の中から感染者が出ないことを祈ります。

                           

一般社団法人 愛知県腎臓病協議会

■提出市町リスト(3月3日現在
2月27日:愛知県
2月28日:岡崎市
3月2日:東栄町
3月3日:名古屋市
3月3日:豊田市




↑上のボタンをクリックすると愛知県保健医療局長 吉田 宏 様へ提出した要望書が開きます。 」が開きます。↑







↑上のボタンをクリックすると名古屋市保健医療課長 土方伸司 様へ提出した要望書が開きます。 」が開きます。↑


感染症対策をお願いします。(新型肺炎コロナウイルス)

新型肺炎コロナウイルス感染防止の為、手洗い、うがい、マスク着用しましょう。




↑上のボタンをクリックすると「感染予防対策」が開きます。↑





↑上のボタンをクリックすると厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」のページが開きます。↑