1. HOME
  2. 活動報告
  3. 平成30年活動報告

平成31年活動報告

◆医学会総会疾病啓発イベント第1回準備会議が開催される

平成31年1月27日(日)10:00~13:00

日本医学会総会第1回準備会議風景
日本医学会総会第1回準備会議風景

平成31年1月27日(日) KDX桜通ビル8F中外製薬名古屋支店会議室にて10時から12時まで「第30回医学会総会 2019中部疾患啓発イベント」の準備会議が開催され、 理事・代議員の総勢43名が参加しました。

  初めに3月31日(日) に開催の第30回医学会総会 2019中部(ポートメッセなごや)における全腎協と愛腎協が共催として行う疾病啓発イベントについて、 参加した愛知県下の各透析施設の代議員に説明が行なわれました。疾病啓発イベントは名古屋大学総長の松尾清一先生よりの依頼により、 企画され「人生百年時代の腎臓ケア」と題した講演と、その他イベントを行うことを改めて説明がされました。 また、事務局で現在進めいている疾病啓発イベントの準備の状況と当日の会場における役割分担(案)についても発表がありました。

各本部の本部長からは、当日の参加者動員における取組についての報告が行われました。

各本部(西尾張はまだ未定)ごとでバス配車を予定し、参加者の足として利用してもらえる様に準備を進めている事を確認しました。そして、その他の問題点についても話し合われました。

◆犬山・小牧地域腎友会設立総会が開催されました。

平成31年1月20日(日)10:00~13:00

 平成31年1月20日(日)10時より、「犬山・小牧地域腎友会」の設立総会が小牧中部公民館大会議室にて開催されました。

当日は、来賓として愛腎協代表理事の奥村清高会長を始め他の地域・市腎友会会長や副会長も参加し、 行政からも小牧市山下史守朗市長、犬山市小澤正司副市長が列席、参議院議員の伊藤孝恵議員、愛知県議山下智也議員を始め、 犬山・小牧地域の国会議員の代理、県会議員の他、犬山・小牧地域の透析施設のさとう病院 橋本俊幸院長・小木南クリニック 野村知秀院長が列席しての設立総会が開催されました。

設立総会は犬山市・小牧市の会員26名、家族4名、医療関係者8名が参加し、設立総会(総会員数159名、参加者及び家族30名、委任状105名により)の成立は承認され、 「犬山・小牧市地域腎友会」が設立がされました。

設立総会後、講演会が行われ「透析治療の問題点 今後の治療戦略」と題して、小木南クリニック院長 野村知秀先生により、 腎臓の働き・透析で行われる腎臓の代行機能のお話しから始まり、透析生活における注意するべき事や透析を受けるようになって起きる合併症とその種類、 また現在行なわれている血液透析(HDFやiHDF等)の仕組みと効果について分かりやすく説明して頂き、 さらに“フレイル”と呼ばれる加齢と共に足腰の筋力が衰えている状態に対して、どの様な予防をしたら良いかのお話しもあり、 透析を継続して受けている方にも新たに導入された方にもためになる内容でした。

犬山・小牧設立総会 集合写真挨拶をする山下市長
講演を行う小木南クリニック 野村院長講演風景